Home » 「納品」をなくせばうまくいく by 倉貫義人
「納品」をなくせばうまくいく 倉貫義人

「納品」をなくせばうまくいく

倉貫義人

Published June 20th 2014
ISBN :
Kindle Edition
183 pages
Enter the sum

 About the Book 

ソフトウェア業界の“常識”をくつがえすビジネスモデルを大公開!これまでの「一括請負」には、予算・人員・納期が限られるなかで、開発企業は疲弊していき、ユーザー企業も料金に見合う満足度を得られないという根深い問題がありました。こうした通弊を解決するのが「納品のない受託開発」。これは、開発企業がユーザー企業と月額定額制の顧問契約を結ぶことで、納期を廃して、開発から運用までをトータルで継続的にサポートするもの。従来とはまったく逆の発想をゆく新たなビジネスモデルを考案し、Moreソフトウェア業界の“常識”をくつがえすビジネスモデルを大公開!これまでの「一括請負」には、予算・人員・納期が限られるなかで、開発企業は疲弊していき、ユーザー企業も料金に見合う満足度を得られないという根深い問題がありました。こうした通弊を解決するのが「納品のない受託開発」。これは、開発企業がユーザー企業と月額定額制の顧問契約を結ぶことで、納期を廃して、開発から運用までをトータルで継続的にサポートするもの。従来とはまったく逆の発想をゆく新たなビジネスモデルを考案し、日々実践する経営者が業界の構造的な問題に鋭く切り込み、新たなソリューションを提示します。ソフトウェアエンジニアをはじめ、システムインテグレーター・IT企業の営業担当者や経営幹部、ユーザー企業の担当者、就職学生、起業家などにもオススメです!【目次】1章 常識をくつがえす「納品のない受託開発」とは  受託開発なのに「納品」がない?  「納品」が引き起こしてきた問題とは  ソフトウェアはなぜそんなに高いのか?  「納品のない受託開発」が問題を解決する  弁護士や税理士のような“顧問”ビジネスとして2౉